千昌夫アー写


千昌夫 Masao Sen

本 名:阿部 健太郎
生年月日:1947年4月8日
出身地:岩手県陸前高田市
趣 味:動物愛好、スポーツ
特 技:航空機の操縦ライセンス
• 飛行機 ... 単発、双発
• ヘリコプター(回転翼) ... 単発(ジェット・エンジン)

千昌夫公式ウェブサイト

経 歴
 昭和40年、高校2年の春休みに上京。その足で、作曲家 遠藤 実先生の門をたたく。再三の断りにもめげず、粘り勝ち、門下生となり内弟子として修行開始。 昭和40年9月ミノルフォンレコード発足と同時に男性歌手第一号として、橋幸夫・舟木一夫・西郷輝彦の御三家に追いつけ追い越せと青春歌謡(今風に言えばアイドル)でデビュー。
デビュー曲「君が好き」、3枚目のシングルB面「星影のワルツ」(昭和41年3月発売)が昭和42年の秋、全国各地の有線放送で火が着きヒットの兆しをみせる。昭和43年2月、第一プロダクションに所属。同年「星影のワルツ」が大ヒット・ミリオンセラーとなりその年《NHK紅白歌合戦》に初出場。
 その後「君がすべてさ」「アケミという名で十八で」「夕焼け雲」等のヒット曲を出し、昭和52年4月「北国の春」発売。2年間辛抱強く歌い続け大ヒットに結び付ける。「星影のワルツ」に続き2曲目のミリオンセラーとなり《レコード大賞ロングセラー賞》を受賞。
 その後「味噌汁の詩」「望郷酒場」「津軽平野」等、カラオケの愛唱歌となるヒット曲を出しその間、吉幾三の「俺ら 東京さ行くだ」「雪国」等、大ヒットを世に出し音楽プロデューサーとして意欲的に活動。(今風に言えば、つんく・小室哲哉か)
しばらく歌手休業の後、平成3年に「おやじ先生」を発売。平成4年4月モノマネのコロッケと異色のジョイントコンサートをスタート。好評を博し、平成6年3月までの2年間で全国140ヶ所で公演!!

平成4年 12月
新録音で「あんた」を再リリース。また音楽プロデューサーとしての第二弾!! 阿部美登里の「のぞみ坂」をリリースする等、新人の発掘にも意欲的。

平成5年 7月
自らの作曲による初のデュエット曲「めおとの旅」(千昌夫&阿部美登里)発売。 (今や中年向けデュエット曲のスタンダードナンバーです)

平成7年
デビュー30周年記念「若き日の歌」を発表

平成11年
八代亜紀とのジョイントコンサート

平成13年 7月
千昌夫&八代亜紀 デュエット曲「あした天気にな~れ」発売
平成13年 9月
新宿コマ劇場 千昌夫&八代亜紀《ふたりのビッグステージ》公演

平成14年 2月
TBS「水戸黄門」ゲスト出演 「盛岡編」
平成14年 3月
梅田コマ劇場 千昌夫&八代亜紀《ふたりのビッグステージ》公演

平成16年 6月
NHK「歌謡コンサート」出演

平成17年 2月
TBS「水戸黄門」ゲスト出演 「忠義貫き北国に春」
平成17年 2月
キムヨンジャ・香西かおり・水森かおり ジョイントコンサートスタート
平成17年 10月
10月5日、デビュー40周年・記念曲「若き日の歌」発売(NHKユアソング10・11月)
10月26日、千昌夫全曲集「~若き日の歌~」発売

平成18年 11月
11月8日、千昌夫全曲集発売

平成19年 2月
2月21日、新曲「還暦祝い唄」発売

平成20年
「還暦祝い唄」人気上昇中!

平成21年 8月
8月5日、「おふくろ」発売

平成23年 11月
11月2日、新曲「いっぽんの松」

ページの先頭へ